2014年05月10日

抽選会で当たった沖縄旅行

むかしからくじ運は悪くない方だと思います。
某大手企業のキャンペーンで100万円を当てたことがあります!すごくないですか?

当時お付き合いをしていた女性にせがまれて、60万円の時計をプレゼントしました。
あとは友人たちを焼肉に連れて行って、自分のものをちょっと買ったら
100万円なんてあっという間に無くなってしまいましたけどね。

わたしは、自分では宝くじを買ったことがありません。
買ったら当たるのではないか?という予感だけは、バリバリするのですけどねー。
買わなきゃ当たらない・・・分かってはいますけど、なかなか手がでないのですよね(^_^;)

そんなわたし、地元の商店街の抽選で、なんと沖縄旅行をゲットしました!
今年1年の運を使ってしまったようで、嬉しいような惜しいような気持ちです。

しかしせっかく当たったわけですからね、遠慮なく楽しませて頂きます。
ペアのチケットで、これまた運良く、最近彼女が出来ましたので、二人で行ってきます。
なんだかつきまくっていて怖いですよ。

沖縄に行ったら?
そうですねー、とりあえずダイビングは外せませんよね、普通は潜るでしょう、海。
もうすでに沖縄でのダイビングモードに突入しておりまして、現地のスクールを探しています。

沖縄だけでも、何軒ものスクールがあるのですねー、ビックリ!
いくつかのスクールのウェブサイトで、ツアー日記やスタッフ紹介のページを拝見しているのですが、
読んでいるだけでもテンションが上がってきますね。

日記には海中写真も投稿されているのですが、こんな景色を自分でも見られると思うと
もう心は遥か南の島へ向かっているのです!

抽選会で沖縄旅行をゲットして、初めて行くわけですが、縁を感じますねー。
何か良い出会いがあるかもしれません!
ラベル:青の洞窟
posted by hotmanvv at 10:13| Comment(0) | 沖縄ダイビング | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

成人式の日の交通事故

今週の月曜日は、全国各地で成人式が行われておりましたね。
綺麗に着飾った新成人は、やっぱりたくましく思えましたね。
一方で、毎年問題になっている新成人の暴挙が、残念ながら各地でみられたそうですね。
大人らしい態度で式に臨むほうが格好良いと思うのですけどね、まだ子どもなのでしょうか。
子どもなどと言っていられませんよね、20歳にもなって。

さて、そんなおめでたい日に、長崎県では成人式帰りの母娘が乗った乗用車が、
海に転落するという交通事故が起こってしまいました。
この事故で、母親が死亡したそうです。
なんということでしょう、娘の晴れの日にこのようなことになるなんて、可哀想に。
やっぱり交通事故って悲しいです。

実は、もう3年前になりますけど、わたしも友人を交通事故で亡くしました。
友人であるわたしたちも、深い悲しみにくれましたけど、ご遺族はそれ以上に辛かったでしょうね。
事故後の、交通事故 慰謝料などのついてもゴタゴタがあったようですし、
精神的にはかなり参ったのではないでしょうか。

結局は、つくし総合法律事務所の弁護士さんに対応を依頼して、事なきを得たそうです。
事故を起こした方が高齢者ということもあって、あまり責められないと言っていましたけど、
そのようなことは考えなくてもいいですよね、被害者が可哀想ですよ。
慰謝料は別として、家族を亡くした遺族の気持ちがどれほどのものか・・・。

改めて交通事故の恐ろしさを思い出したのです。
乗用車を運転する方、自転車に乗る方、本当に気をつけて下さいね。
posted by hotmanvv at 17:04| Comment(0) | 交通事故 慰謝料 | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

交通事故後の対応をマニュアル化

どのようなことでもそうだと思いますが、ものごとに対応する際、ある程度マニュアル化
されている方がスムーズで、且つ正確に対応することが出来ると思うのです。
うーんそうですね、例えば火災などの状況を考えてみてください。
小学校の時から火災訓練というものがあって、火災の時の対応方法を訓練したと思います。
地震の時の対応もですよね。

地震などの災害や火災などの事故、これらについては訓練をしていざという時に備えますが、
交通事故の時の対応については、継続的に訓練出来る場所がありませんよね。
最近では特に、自転車による交通事故が増えていますから、訓練が必要だと思います。
事故に遭わないための訓練、自転車操作の復習など、やるべきことは多くあると思います。

それから考えたいのは、”事故に遭ってしまった後の対応” ではないでしょうか。
というのは、事故の被害者になってしまった方が、事故後にトラブルになることが多いのです。
トラブルの内容は、思うように補償を受けることが出来ないというものが多いようです。

そういう意味では、交通事故 相談と対応マニュアルというものがあって然るべきだと思うのです。

まず重要な点は、事故後の対応については、交通事故 弁護士に相談するということです。
被害者自身が示談交渉をしようとしますと、ほとんどの場合で損をします。
本来受けられるべき補償を受けることが出来ません。
保険会社を言いなりになってしまい、後悔する被害者が本当に多いのです。

いつ被害者になるかもしれない今、頭のどこかに置いておいた方が良いでしょうね。
posted by hotmanvv at 13:41| Comment(0) | 交通事故 弁護士 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。