2013年09月17日

今後の課題

悲しい交通事故のニュースが後を絶たない状況ですね。
事故で家族を失った遺族の心情を思うと、とてもやりきれませんよね、本当に可哀想です。
いま、インターネットのニュースを見ていたのですが、子どもが亡くなる死亡事故があったみたいです。

9/15のお昼ごろ、千葉市花見川区の交差点で、小学1年の男の子が横断歩道を歩いて渡っていたところ、
右折してきた乗用車にはねられたそうなのです。
この男の子は病院に搬送されたのですが、まもなく死亡したって・・・。
車を運転していた68歳の男が現行犯逮捕されたのですが、
「気がついたら、目の前に子どもがいた」と供述しているようです。
警察の見方では、運転手の男の前方不注意が事故の原因とみて調べを進めているそうです。

うーん、70歳近い運転手ですか、高齢になると視界が狭くなることも考えられますけど、
横断歩道をわたっている歩行者に気がつかないとは思えませんよね。
死亡事故の損害賠償、どうなってしまうのでしょうか。

2020年、東京でのオリンピックも決定したわけですし、今後の課題としては
交通事故の減少ということも挙げられるのではないでしょうか。

そのためにはどうすればいいのか?
警察による意味のない取り締まりは無くすべきだとも思いますけどね。
【関連する記事】
posted by hotmanvv at 16:06| Comment(0) | 交通事故 慰謝料 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。